Home > インプラント治療
 

インプラント治療


インプラントの図インプラント治療とは 当院では通常治療とガイド治療と大口式を取り入れています。

インプラント治療は、人工歯根療法ともいわれ、入れ歯に変わる新しい歯として研究され、現在世界中の多くの方にご満足頂いている治療法です。
歯の抜けた部分のあごの骨に、インプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に歯を支える部分、人工歯をしっかり固定していきます。
インプラントはチタンという金属で造られており、安全であごの骨との結合が基礎的、臨床的研究からも確認されています。

虫歯や歯周病で失った歯根を、人工の歯根で骨に埋め込む事により噛み合わせを回復させ、第二の永久歯として生まれ変わります。
自然に会話や食事が楽しめ見た目も自然の歯に近い歯になります。



従来の治療方法とインプラント治療を比較


デジタル技術を活用したシステム ガイド治療とは

インプラント治療は、人工歯根療法ともいわれ、入れ歯に変わる新しい歯として研究され、現在世界中の多くの方にご満足頂いている治療法です。
歯の抜けた部分のあごの骨に、インプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に歯を支える部分、人工歯をしっかり固定していきます。
インプラントはチタンという金属で造られており、安全であごの骨との結合が基礎的、臨床的研究からも確認されています。

ノーベルガイドの利点

ノーベルガイドを利用した治療の流れ

CT撮影STEP.1 CT撮影

CTとはX線を利用して体内の断面図を撮影する技術で、立体的に神経、血管、骨などの様子を 握することができます。

※骨の形や質、高さや幅には個人差があります。
また、骨の中には神経や太い血管が通っています。

コンピューター上で治療を計画STEP.2 コンピューター上で治療を計画

歯科医師はCT撮影データから得られた情報をもとに、神経や太い血管を避けながらインプラントの埋め込み位置を計画します。

※埋め込むインプラントのサイズや、角度、深さ等をソフトウェアでシュミレーションします。

治療方法・費用のご説明STEP.3 治療方法・費用のご説明

歯科医師が、画像をご覧に入れながら治療の計画内容や費用の詳しい説明をします。

インプラント手術STEP.4 インプラント手術

治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、サージカル・テンプレートをお口に取り付けます。そして、インプラントを埋め込みます。
※インプラントを埋め込んだ日に仮歯をつけて帰宅できる場合もあります。

最終的な歯の取り付けSTEP.5 最終的な歯の取り付け

治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、サージカル・テンプレートをお口に取り付けます。そして、インプラントを埋め込みます。
※インプラントを埋め込んだ日に仮歯をつけて帰宅できる場合もあります。

ノーベルガイドは、安全・安心なインプラント治療をサポートするためのシステムです。
インプラントの手術には様々な方法があり、必ずしも記載されている方法で行われるとは限りません。


ドリルで骨を削らない大口式インプラントとは

大口式インプラント法は、大口弘が30年ほど前から考案・開発を重ね、実績をあげているインプラント法です。革新的な方法のため、多くの皆様のお役に立つべく、2006年から基本の術式を公表し、現在では全国約1700人(2014年3月現在)のインプラント医に受講いただいており、今や、インプラント法のスタンダードになりつつある方法です。

ドリル式 大口式大口式インプラントの3つの特徴
危険なドリルをまったく使いません。

ドリルを使わず、極細の鍼灸で使うような細い針を用いて行います。10分~15分ほどでインプラントの埋入を完了します。



骨を削らないので、術後の患者様の負担を最小限に抑えられます。

大口式なら骨が細い方でも骨移植を行わずに、インプラント治療を受けていただくことができます。

骨が細く、骨移植が必要な症例でも骨移植なしで治療が可能です。

大口式なら骨が細い方でも骨移植を行わずに、インプラント治療を受けていただくことができます。

池上歯科医院
池上歯科医院では、通常のインプラント治療、ガイド治療、大口式インプラント治療を取り入れております。患者様の要望に沿った治療法を一緒に決めていきます。治療後は長持ちをさせるためにも定期的な検診をお勧めしております。


インプラントを長持ちさせるために大切なこと
天然歯と同様、毎日の歯磨きを欠かさないで下さい。

インプラントの周囲が不潔になると、腫れや膿が出て、骨の吸収が起こりインプラントが抜ける可能性があります。
ただし、早めの対処で止めることが出来ます。天然歯と同様に、毎日の歯みがきは欠かさないで下さい。

定期検診を行って下さい。

インプラントには神経が無いため、天然歯のように悪くなっても自覚症状がありません。自覚症状が出たときには手遅れになります。
少しでも気になるところがあったら、早めの検診をお勧めします。

噛み合わせが変わったら、ご来院下さい。

インプラントの治療後、歯を抜いたり、歯がグラグラしたまま放置するとかみ合わせのバランスが崩れ、インプラントや残った歯に悪影響が出る可能性があります。
かみ合わせが変わったら、指示を受けましょう。




一般歯科
小児歯科
審美歯科
歯周病治療
レーザー治療
インプラント治療





Copyright© 2015 – ‘2019’ ikegamishikaiin All Rights Reserved.